お知らせ

2022 / 01 / 03  

新年の授業開始

新年の授業開始

2022年は1月6日より授業開始

Yahoo ニュースより
2025年共通テストから「情報」追加

2025年の大学入学共通テストから、国立大学の一般選抜の受験生には原則として、従来の5教科7科目に教科「情報」(科目は情報I)を加えた6教科8科目が課される方向となった。国立大学協会の入試委員会が17日までに、「情報I」を試験科目に加える方針案をまとめた。国大協は来年1月28日の総会で正式に決める見通し。

教科「情報」は本年度の高1から導入される新学習指導要領に基づき、プログラミングなどを学ぶ情報I(必ず履修)と、発展的な情報II(選択)の2科目に再編される。

2021 / 12 / 21  

最終ICTスキル検定

今年の漢字応募&検定合格

内部性のみの授業内でICTスキル検定を実施しました 5分間で50文字以上入力出来たら パソコンの知識問題を勉強して10級を受験できます

さらに打数も増てword 3級からexcel 上級になるとPP 等の実力を見る検定試験です


2021年第4回ICTスキル検定

9級合格  藤沢市立小学4年生

5級合格  鎌倉市立小学5年生

 

g_ict.png

P検につながる実力を付ける事が出来る

ICTスキル検定

P検について は こちら

 

2021 / 12 / 05  

タイピング動画をインスタへ投稿しました

タイピング動画をインスタへ投稿しました
タイピングの様子をアップしました
shonan_valed_nametag.png
毎日新聞ではパソコン入力コンクールをやっています 以下が趣意書の一部です

現在、我が国の人口は減少の一途をたどり、経済活動を支える生産年齢人口も減っています。このような状況下、持続的な経済成長を実現するためには、ITを活用した生産性の向上を推進する必要があり、デジタル技術を徹底活用できる人材の育成が急務です。
毎日新聞パソコン入力コンクールは6月大会と秋季・冬季大会が有ります

入力が早いとPC生活がストレスなくもっと自由にそしてもっと広い世界を感じる事になります
以下から一度体験してみましょう
スクラッチ体験講座

毎パソは2021.11.12に 冬季大会課題配信
冬季大会の課題で練習ができるようになりました。第II類も練習ができます。
以下が当教室の級位となります
学年 参加部門 正確性 学年内
小4 第7部数字・記号小中学生
10-c 99.4% 10位
小4 第7部数字・記号小中学生
8 100.0% 8位
小4 第5部和文A小学・中学年
10-B 97.4% -
小5 第5部和文A小学生高学年
3 99.5% 89位
小5 第5部和文A小学生高学年
5 98.3% 186位
高3 第6部和文B高校生 3 97.6% 1296位

【毎パソ冬期大会 課題文書】

 

 部門  課題文書
 第4部 英文B

pdf part41.pdf (0.34MB)

 
 第5部 和文A 小学生低・中学年  

pdf part51.pdf (4.09MB)

 第5部 和文A 小学生高学年  

pdf part52.pdf (5.04MB)

 第5部 和文A 中学生  

pdf part53.pdf (6.96MB)

 第6部 和文B 高校生  

pdf part61.pdf (6.23MB)

2021 / 11 / 19  

P検試験11月実施

P検試験11月実施
11月検定授業&試験が実施されました 
  4級合格: 大和市立小学校6年生

学校.jpg


2021 / 11 / 03  

秋季新入生をお迎えしました

秋季新入生をお迎えしました

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

藤沢市より 幼稚園年長生 参加しました 初期タイピング授業から開始します

タイピングの手の動き
shonan_valed_nametag.png

~ 特にこんな力が身につきます ~

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

タイピングという言葉を聞いて

 

『子どもたちは自然に覚えるのでは?』『指のタップやフリックでいいのでは?』 と想像しませんか?

 

文科省は2015年10月~2016年1月にかけて小学5年生と中学2年生を対象に『情報能力活用調査』を行い、

 

その中でキーボード入力の能力を測定する問題が出題しました。


その結果1分間で小学5年生が平均5.9字、中学2年生は平均17.4字つまり、


小学生が10秒で1文字、中学生が4秒に1文字のペースです。

 

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

文科省の学習指導要領にて

 

文科省の2020年施行の学習指導要領(総則第3章第3節)にこのような記載があります。

 

小学校段階ではそれらの情報手段に慣れ親しませることから始め、


学習活動を円滑に進めるために必要な程度の速さでのキーボードなどによる文字の入力


電子ファイルの保存・整理、インターネット上の情報の閲覧や 電子的な情報の送受信や共有などの


基本的な操作を確実に身に付けさせるための学習活動をカリキュラム・マネジメントにより


各教科等の特質に応じて計画的に実施していくことが重要である。

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

 

タイピングデビューは早いほど効果的

 

 

バレッドキッズで学ぶ子どもたちは毎回の授業でタイピングを行います。

 

文科省の結果では、5分間で小学5年生は約30字、バレッドキッズの子どもたちは、平均240字!

 

約5倍の速さでタイピングができるようになっています。

 

だから、情報処理能力も早く思考を止めずにアウトプットができるんです!

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

 

タイピングを学ぶ少年

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

abstract-3166168_640.png

バレッドキッズ 5分間スピードコンテスト 毎月開催/年間平均数
小1 小2 小3 小4 小5 小6
107文字 117文字 141文字 201文字 240文字 302文字
1 2 3 4 5 6