お知らせ

2021 / 02 / 24
12:41

毎パソ入力コンクール冬季大会終了

毎パソ入力コンクール冬季大会終了

冬期大会結果

1月16日から2月18日の期間で開催しました、第20回毎日パソコン入力コンクール6冬季大会の全国ランキング上位者の結果を発表いたしました。第20回冬季大会では、延べ約1万7千名の方々のご参加をいただきました。

優秀者表記された方は以下に為ります 

小3 第5部 和文 小学校低・中学年
中3第3部 英文A

 

湘南教室 参加生徒

学年 参加部門
小3 第7部 数字・記号 小・中学生
小3 第5部 和文 小学校低・中学年
小5 第5部 和文 小学校高学年
中2 第5部 和文A 中学生
中3 第3部 英文A

キーボード、ITの知識・スキルは不可欠

毎日パソコン入力コンクールが提供するパソコン活用の基礎基本であるキーボード入力を身に付けるためのコンクール、オデッセイ コミュニケーションズが提供する効果的な教育ツールとしての資格試験、2つの場で提供される知識、スキルはパソコンを活用される方々にとって、ともに不可欠なものです。
オデッセイ コミュニケーションズは、ITスキルのスタンダードである資格試験<Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)、IC3(アイシースリー)>やトレーニングを通して、社会におけるITリテラシの重要性を提言するとともに、ITユーザーのスキルアップに貢献しています。

株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
http://www.odyssey-com.co.jp/

 

 

Microsoft Office Specialist(MOS)

WordやExcelなど、今やビジネスアプリケーションのグローバルスタンダードとして必須であるMicrosoft Office。「マイクロソフト認定資格」は、その各アプリケーションの利用スキルを証明するための資格認定制度として、数多くの国と地域で実施されています。就職・転職の際のアピールポイントとして、企業内での教育ツールとして、そしてプライベートのITライフをより充実させるためのスキルアップとして、すでに国内累計380万人以上の方が取得されています。

MOS公式サイト
http://mc.odyssey-com.co.jp/index.html

 

 

IC3 (アイシースリー)

コンピュータとインターネットの基本が身につく世界共通の資格試験。2002年の開始以来、すでに世界114か国以上で実施されています。 特定のベンダーの影響を受けることがなく作成・実施されている汎用性のある資格試験で、ITの進化とともに出題範囲の適正化をすすめています。 日本においても、”ITリテラシーのスタンダード”として高い評価を受け、大学や高等学校などの教育機関や公共団体などで導入されています。

IC3 公式サイト
http://ic3.odyssey-com.co.jp/

 

 

2021 / 01 / 31
09:00

P検受験合格

P検受験合格
P検定受験 藤沢市立中学2年生

検定試験が実施されました 準2級合格されました 
以下は準2級の人物像 スキルシーンです
ビジネスに要求されるICT活用スキルを有する人材
  • 高度なICT活用による職務の遂行と問題解決ができる
  • 応用的なICT知識・スキルを有する
  • 部門内の情報環境(PC接続など)を整えることができる

展示会の案内状を作成し、はがきに印刷する。
名簿の更新 はがき文面作成 宛名作成 印刷

はがきの書式を踏まえ作成し、表計算ソフトで管理している
名簿をもとに宛名印刷をする。

パソコンを使用する女性
情報セキュリティ分野では満点を取得されました

情報セキュリティを高めるため、フォルダーにアクセス権を設定する。
利用状況の把握 グループ化 アクセス権の設定 利用上の注意事項の周知

保存されている情報を分類し、
情報セキュリティを意識したアクセス権を個々に設定する。

当部には、お客様の個人情報や営業秘密情報も多く登録されていますので、まずチーム単位に情報を分類しましょう。その上で、セキュリティ面に配慮したフォルダーアクセス権の設定案を作成しますのでレビューをお願いします。
ホームページの内容を変更し、Webサーバーにアップロードする。
ページ構成の検討 素材データ(画像など)の収集 ページ作成 Webサーバーへアップロード

ホームページ仕様に合った形式でページを作成し、
Webサーバーにアップロードする。

新商品のPRページは作成してアップロード済みです。TOPページにキャッチコピーを入れてリンクも貼っておきました。それと、ご要望のあった「アンケート結果の集計機能」ですが、私の方で仕様をまとめて業者に伝えておきました。
2021 / 01 / 29
20:30

教室の感染対策について

mina5042.jpg

オゾン発生装置を設置しました

新型コロナウイルスの感染予防に努めながらミナパーク教室を運営していますが、
より徹底を図るため全室にオゾン発生装置が設置されました。

人体に安全な低濃度オゾンガスで新型コロナウイルスを不活性化できることが検証されたことから導入したとのことです

同型機は全国500台以上の救急車に搭載されています。
安心してご利用いただけるよう、
今後も随時最新の情報をもとに感染予防対策を強化してまいります。

 

サーキュレーター(換気用)も常設いたしました

感染防止対策として窓が無いミーティングルームに
サーキュレーターが常設されました。

2F受付には体温測定カメラが設置してあります

体験授業の際は こちらで検温が出来ます

 

 

 

2020 / 12 / 11
17:48

ジュニアプログラミング検定実施されました

J'プログラミング検定実施されます

プログラミングを学ぶ子ども達を対象とした資格試験です

 

 

 Scratchを使用したプログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。
子ども達の成長を段階的かつ客観的に明らかにすることで、自信や達成感につなげ、更なる目標に挑戦する意欲を育てることを目的として2016年12月より開催しています。

ジュニア・プログラミング検定の特徴

ジュニア・プログラミング検定は以下の特徴があります。

1つの作品を完成させる実践的な試験内容

1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。

単にブロックの知識を問うのではなく、実際にScratchを使用してゲームなど1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。受験者は問題文や完成例ムービーを参照しながら、制限時間内にプログラムを作りあげます。

プログラミングスキルだけでなく問題文を読み解く読解力も要求

4つのレベルごとに定めたScratchブロックの役割や
特徴を活用する力を評価します。

レベルごとに定めたScratchブロックの役割や特徴を理解したうえで、課題のプログラムをつくれるかを評価します。
レベルはGold(1級)、Silver(2級)、Bronze(3級)、Entry(4級)の4級種を用意しており、学習進度に合わせて段階的にチャレンジできます。

上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する「仕様変更」も出題

上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する「仕様変更」も出題されます。

SilverやGoldの上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する仕様変更も出題されます。
他者がつくったプログラムを理解し、修正するスキルも問われます。

自由な発想でより良い作品をつくるアレンジ問題を出題

自由な発想でより良い作品をつくる
アレンジ問題を出題しています。

問題の指示通りに作品をつくった後は、自由に独自の発想を加え、かつ、そのアイディアを説明する「アレンジ問題」を全級で出題しています。
問題の指示に従ってプログラムを作成するだけでなく、自由な発想や相手に説明するスキルも評価します。

ジュニア・プログラミング検定の活用シーン

  • 指導目標、到達目標の指針として
    ご活用ください。

    子ども達がどこまで出来るようになったかを自分自身やメンター
    それぞれが確認し、次の学習ステップを明確にすることができます。

  • 子ども達のやる気アップのために
    ご活用ください。

    合格した方には、認定証が授与されます。「検定合格」という成功体験を糧に、更なる目標への挑戦を後押しします。

    mt0019_0m.jpg

中高生の為のP検試験合格状況は以下に為ります

P検4級タイピング 小学5年藤沢市公小
P検準2級アプリ  中学2年藤沢市公中
P検4級 合格  高校2年  神奈川私高
P検3級 合格  高校1年  神奈川私高
漢検4級 合格  中学2年  鎌倉私立中
P検3級 アプリ  中学2年  鎌倉私立中
P検準2級タイピング中学2年藤沢市公中
P検準2級タイピング中学3年東京私立中
P検準2級タイピング高校2年神奈川私高

社会、世界が求める「ICTを活用した問題解決力」の資格試験
「学習指導要領」に準拠

外部評価_大学・短大入試優遇「ICT系No,1資格」
外部評価_シュニアマイスター/アグリマイスター顕彰制度「認定資格」

 

社会、世界が求める「ICTを活用した問題解決力」の資格試験

 

21世紀は「知識基盤社会」と言われ、情報を知識として有効に活用できるかどうかで、個人や企業の命運が大きく左右されることになります。
OECDの国際成人力調査(PIAAC)で、「読解力」や「数的思考力」と並んで、「ITを活用した問題解決力」が測定対象の能力として設定され、他の基準にも同様に設定されているのも、まさにそのような理由からです。

 

 

小学生から社会人までの各層に求められる能力を示した図。ITを活用した問題解決能力は16~65才が対象の国際成人力調査において測定対象の能力に位置付けられています。


 

 

2020 / 11 / 08
14:04

秋季新入生をお迎えしました

藤沢市より 小学3年生 複数名参加しました 初期タイピング授業から開始します

タイピング

keyboard-5358542_1280.jpg
~ 特にこんな力が身につきます ~

パソコン基礎力

パソコン総合力

長期的集中力

タイピングという言葉を聞いて

『子どもたちは自然に覚えるのでは?』
『指のタップやフリックでいいのでは?』 と想像しませんか?

文科省は2015年10月~2016年1月にかけて小学5年生と中学2年生を対象に『情報能力活用調査』を行い、その中でキーボード入力の能力を測定する問題が出題しました。 その結果1分間で小学5年生が平均5.9字、中学2年生は平均17.4字つまり、小学生が10秒で1文字、中学生が4秒に1文字のペースです。

文科省の学習指導要領にて

文科省の2020年施行の学習指導要領(総則第3章第3節)にこのような記載があります。

小学校段階ではそれらの情報手段に慣れ親しませることから始め、
学習活動を円滑に進めるために必要な程度の速さでのキーボードなどによる文字の入力
電子ファイルの保存・整理、インターネット上の情報の閲覧や 電子的な情報の送受信や共有などの
基本的な操作を確実に身に付けさせるための学習活動をカリキュラム・マネジメントにより
各教科等の特質に応じて計画的に実施していくことが重要である。

タイピングデビューは早いほど効果的

バレッドキッズで学ぶ子どもたちは毎回の授業でタイピングを行います。文科省の結果では、5分間で小学5年生は約30字、バレッドキッズの子どもたちは、平均240字! 約5倍の速さでタイピングができるようになっています。だから、情報処理能力も早く思考を止めずにアウトプットができるんです!

タイピングを学ぶ少年
バレッドキッズ 5分間スピードコンテスト 毎月開催/年間平均数
小1 小2 小3 小4 小5 小6
107文字 / 5分 117文字 / 5分 141文字 / 5分 201文字 / 5分 240文字 / 5分 302文字 / 5分
1 2 3 4 5 6
Today's Schedule